フォトスタイリングとの出会い


「フォトスタイリング」との出会いは、今から2年前。


オリジナルデザインのモノトーンインテリア雑貨ショップの商品写真を素敵に撮りたいと思った事がきっかけです。


当時は、商品ページを見ても「今ひとつ」で、商品が素敵に見えない事に悩んでいました。

素敵に見えないのは「カメラの扱い方が解っていないせいでは?」と思い、カメラに詳しい人に教えてもらいつつ商品撮影を続けていましたが、自分が求めている商品写真は、カメラの使い方だけでクリアできるものではないと気づきました。


そこで「写真をおしゃれに撮る方法」で検索して辿り着いたのが、

日本フォトスタイリングアソシエイションの「フォトスタイリング」だったわけです。


「フォトスタイリング」


まさに私が求めていた世界がそこにありました。


カメラ技術だけではない。

見せたい、紹介したいものが素敵に撮れる。

なにより、自分の世界観を表現できる。


「おしゃれ」で「素敵」な写真を撮れるようになりたい!との一心で、2016年6月に体験講座に申し込んだ事が私のフォトスタイリング生活の始まりでした。


*2016年8月 フォトスタイリング2級認定ベーシック講座ではじめての課題


カメラ歴や知識もなんにもない私。

いきなり本講座に申し込むのが不安だった事もあり、「こんな講座があるんだけど一緒に行ってみない?」と知人を誘って体験講座受講しました。

講座での「目からウロコ」な内容に、私も知人も講座終了時には本講座(フォトスタイリング2級認定ベーシック講座)の受講を決意していました。


出会いから2年、フォトスタイリングは私の人生を大きく変えようとしています。

2級ベーシック講座開始時には、フォトスタイリスト準1級認定アドバンス講座やフォトスタイリスト1級・インストラクター養成講座の受講は全く考えていなかったんです。

今や、フォトスタイリスト1級・インストラクター養成講座を受講中、残り2回で講座も終了となります。

当時の私からは、「まさか?!」な出来事。


めざせデザイナー兼フォトスタイリスト、めざせ兼インストラクター!という訳で何足もの草鞋を履く予定です。



MONOTONE PHOTOSTYLING

モノトーンをメインにしたフォトスタイリング始めました。

0コメント

  • 1000 / 1000